その他|西谷耳鼻咽喉科クリニック|保土ヶ谷区西谷町専門医

TEL:045-381-3387

その他

顔面神経麻痺

イメージ

顔面神経によって支配されている顔面筋が運動麻痺を起こした状態を顔面神経麻痺と言います。原因疾患が明らかな症候性顔面神経麻痺と、原因がはっきりしない特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)とに分けられます。
原因疾患として多いのは、ヘルペスウイルス感染症です。口唇ヘルペスを以前患った方が、突然、顔面神経麻痺を起こすのが、発症の典型的なパターンです。ほかには腫瘍や代謝疾患が原因となる場合もあります。
顔面神経麻痺の原因はよくわかっていませんが、考えられる可能性として寒冷刺激、アレルギー、局所浮腫、およびウイルス感染などが指摘されています。
いずれにしましても、顔面神経は顔面神経管と呼ばれる狭いトンネルを通って脳から外に出ますが、何らかの原因で顔面神経が腫れることによって顔面神経が圧迫され、これによって麻痺が生じると考えられています。

症状
突然始まる片側顔面筋の運動麻痺が主な症状です。その結果、額(ひたい)にしわを寄せられない、眼を閉じられない、口角が垂れ下がる、口角からよだれが垂れる、などの症状が生じます。麻痺側の耳が過敏になり、音が大きく響くように感じられることもあります。麻痺側の舌の前方3分の2あたりの味覚障害を伴うことがあります。典型的な訴えに、ものを食べた時、金属を口に入れたような感じがするというものがあります。目が閉じにくいため、涙で潤すことができず、角膜(黒目の部分)が乾燥しやすくなります。
検査
この疾患に典型的な顔の表情が現れますので、診断は比較的容易です。しかし、原因となる病気がある場合、両側に同時に発症したり、何度も繰り返したりする場合は、MRIなどによる画像診断を要します。血液検査などが必要になるケースもあります。
顔面神経麻痺の発症前に、耳の中に痛みや水泡の形成が先行して生じるような場合は、ヘルペスウイルス感染による麻痺が考えられます。また、障害の程度や回復の正確な評価のために、筋電図や誘発電位検査が行われることもあります。
治療
副腎皮質ステロイド療法が効果的と考えられています。そのほかに、血流改善剤、ビタミン剤や神経賦活(ふかつ)剤などが用いられます。リハビリテーション療法も重要で、麻痺した筋肉のマッサージや、顔面の筋肉を働かせる練習などが効果的です。

味覚障害

味がまるでわからなくなったり、味覚が鈍磨したり、本来の味とは違った妙な味に感じたりする障害です。口の中が苦い、塩辛いなどと訴える自発性の異常味覚もあります。
高血圧薬、抗生物質ほか、各種薬剤の長期にわたる使用によって生じる薬剤性の味覚障害がよくみられます。

症状
甘味、酸味、塩味、苦味、旨味などの味覚が低下したり、何を食べてもまったく味を感じなくなったりすることもあります。また、口の中に何も無いのに塩味や苦味を感じたり、何を食べてもまずく感じられたりすることもあります。
検査
症状に応じて、味覚検査や血液検査などが行われます。
治療
薬剤が原因で味覚障害が起こっているような場合には、医師に相談のうえ、服用の中止または副作用の無い薬剤への変更をしてもらいます。血液中の亜鉛の不足により、舌の表面にある味を感じる細胞(味蕾)の新陳代謝が十分に行われなくなるために起こることもしばしばですが、その場合は亜鉛を補給する治療を行います。舌にカビが生えていて、痛みを伴ったりする味覚障害も稀に見られますが、そうした場合は、カビを除去する治療を行います。

首のしこり

首のしこりについて

いわゆる「しこり」とは、こぶや腫れ物の総称で、専門的には腫瘤と言います。
首の「しこり」の主な原因としては、腫瘍や炎症があります。首のしこりは首から上の悪性疾患(悪性リンパ腫や転移がんなど)が原因のことも少なくはありませんので、注意しておく必要があります。
首のしこりは、その大きさや生じた部位、痛みの有無などで大まかな診断が可能です。押さえた時に痛みや熱などの症状があれば炎症によるもの、顎の下なら唾液腺疾患、首の正面の部位なら甲状腺疾患などと推測できます。痛みも無いままに急に腫れてきたタイプは要注意です。

多くは炎症による腫れや良性腫瘍

まずは腫瘍を疑って診察します。はじめに問診をし、続いて触診をします。大きさや硬さなどの特徴を見て、口の中、鼻、のどなどを耳鼻咽喉科的手法で調べます。異常があれば、血液検査、X線検査、超音波エコー検査、CT、MRIなどにより、さらに検査を進めます。
一般的には、リンパ節が炎症を起こして腫れているケースや、良性腫瘍が多いものです。しかし、首にしこりを触れたならば、耳鼻咽喉科などの専門医の診察を必ず受けるようにしてください。

首のしこりを招く主な疾患

頸部リンパ節炎

リンパ管は全身に張り巡らされていますが、その節々には豆のような形をしたリンパ節があり、細菌感染などから体を守っています。
くび(頸部)にもたくさんのリンパ節があり、口や咽喉からの細菌などの侵入に備えています。このリンパ節が炎症を起こして腫れた場合を、頸部リンパ節炎と言います。
多くは口や咽喉の細菌感染による炎症ですが、ウイルス感染や結核などによる場合もあります。

症状
細菌の感染によるものでは、歯や口、咽喉の痛みなどの先立つ症状があり、しばらくしてから、首に痛みのある腫瘤(こぶ)が触れるようになります。多くは発熱を伴います。悪性腫瘍からくる腫れの場合は痛みが無く、リンパ節が硬くなって、しこりのようになります。
検査
血液検査や超音波検査、画像検査などが行われます。リンパ節の細胞を採る検査が必要になることもあります。
治療
消炎鎮痛剤などによる対症療法が主体になり、症状が強い場合はステロイドを用います。細菌性の炎症では、抗生剤の投与が必要です。
唾液腺炎

唾液を作る器官(唾液腺)に炎症が生じた状態で、いろいろな原因で起こります。主な原因はウイルスや細菌の感染です。ウイルス性の代表的なものとしては、流行性耳下腺炎、いわゆる「おたふくかぜ」があります。唾液腺炎を発症すると、抗菌作用、粘膜保護作用、消化作用などの唾液のもつ機能が低下します。

症状
炎症がある部分の腫れと痛み、口の中の乾燥、発熱、寒気、唾液の減少などがみられます。
検査
血液検査や画像検査(超音波検査、頭部CT検査など)が行われます。
治療
細菌性のものに対しては抗菌薬を用います。ウイルス性に対しては、全身的には安静と解熱薬の投与、局所的には冷湿布とうがいを行います。
唾液腺腫瘍

唾液腺に生ずる腫瘍は、耳下腺に最も多く、顎下腺および小唾液腺(口腔粘膜下にある唾液腺)がこれにつぎ、舌下腺に生じることは稀です。小唾液腺や舌下腺に生じた腫瘍は口腔内に症状が現れます。
一般に唾液腺に生じる腫瘍は良性腫瘍が多いのですが、悪性腫瘍の場合もあり、特に舌下腺に生じたものには悪性のものが多いことが知られています。

症状
耳や頬、顎の近くや口の中に、しこりができます。食べ物の飲み込みや、口を大きく開けることなどが行いにくくなったりします。顔の痛み、顔の感覚や顔の筋肉の麻痺(顔面神経麻痺)などが起こることもあります。
検査
腫瘍の状態を調べるための画像検査(超音波検査や頭部CT検査など)、血液検査、細胞診などが行われます。
治療
手術により、摘出します。また放射線治療や化学療法を併用することもあります。
甲状腺腫瘍(甲状腺がん、甲状腺腺腫、腺腫様甲状腺腫)

甲状腺は体の新陳代謝を調節するのに大切な働きをする甲状腺ホルモンを産生しています。甲状腺の病気は、ホルモン産生異常に関する疾患と腫瘍の二種類に分けられます。
甲状腺腫瘍は大きくなると、喉仏の下あたりに「しこり」として認められるようになります。診断のためには、血液検査や超音波検査、CTなどの画像検査、さらに穿刺吸引細胞診などが行われます。その結果をもとに、手術の必要性やその方法を検討します。
甲状腺腫瘍の多くは良性腫瘍なのですが、悪性腫瘍もみられ、その種類には様々なものがあります。最も多いのは乳頭がんで、首のリンパ節に転移したり、気管や食道などに浸潤したりすることもありますが、進行は遅く、10年後の生存率が90%と非常におとなしいがんです。次に多いのが濾胞(ろほう)がんで、良性腫瘍との鑑別が難しく、手術後にはじめてがんと判明することもあります。肺や骨などに転移しやすいのも特徴です。未分化がんというタイプは稀ながらも、非常に進行が早く、治りにくいがんです。

インフルエンザ

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染によって起こり、普通の風邪よりも急激に発症し、症状の重いのが特徴です。通常は、症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。しかし気管支炎や肺炎を併発しやすく、脳炎や心不全に至るケースもあり、油断できません。

症状
高熱、悪寒、頭痛、関節痛、倦怠感などの全身症状、咳、痰、呼吸困難、腹痛、下痢などの胃腸症状などが現れます。
検査
インフルエンザ検査キットを用いて判断します。15~20分で結果が出ます。
治療
インフルエンザウイルスに対する治療薬として、塩酸アマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬があります。ただし、これらの抗ウイルス薬は発症後48時間以内に服用しないと効果がありません。
また、現在日本ではノイラミニダーゼ阻害薬のリン酸オセルタミビルと塩酸アマンタジンを予防薬として使用することが可能ですが、「13歳以上に限る」という制限のほか、いくつかの条件がありますので、ご相談ください。

予防接種

当院の予防接種

当院では、インフルエンザワクチン(小児も含む)、および肺炎球菌ワクチンの接種を、それぞれ行っております。

※インフルエンザ・肺炎球菌ワクチン以外の予防接種をご希望の方は、ご相談ください。

インフルエンザワクチン

インフルエンザとは

インフルエンザは、インフルエンザウイルスへの感染による疾患で、発症すると38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、寒気などの全身症状が現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。お子様では痙攣や中耳炎、稀には急性脳症を、ご高齢者や免疫力の低下している方では肺炎を併発するなど、重症化するケースがあります。

インフルエンザワクチンの接種で予防

インフルエンザを予防する有効な手段の一つに、流行前のワクチン接種があります。
インフルエンザウイルスは毎年少しずつ性質を変え、異なるタイプが流行するので、それに対応するために、予防接種も毎年行う必要があります。

インフルエンザワクチンの接種時期

インフルエンザワクチンは、接種してから効果が出るまでに約2週間かかり、その効果は約5ヶ月間持続します。日本では、インフルエンザが例年12月~翌3月頃に流行するので、毎年10月下旬~12月に接種するのが適切でしょう。

*2015年から、インフルエンザワクチンは、A型2株、B型2株を含む4価(4種混合)ワクチンになりました。

肺炎球菌ワクチン

肺炎とは

肺炎とは、主に細菌やウイルスなどの病原微生物が肺に感染して炎症を起こす疾患です。呼吸器の防御機能が病原微生物を排除できなかった場合や、病気やストレスなどのために免疫力が落ちている時など、つまり感染力が防御力を上回った際に、病原微生物が上気道から下気道、そして肺にまで入り込んで感染し、肺炎になってしまうのです。
がん、心臓病に続いて、肺炎は日本人の死亡原因の第3位を占めています(厚生労働省:人口動態統計(確定数)2013年)。高齢者*や慢性疾患を持っている方などは、肺炎にかかりやすく、しかも治りにくい傾向があり、要注意です。

*肺炎によって亡くなる方の約95%が65歳以上となっています(厚生労働省:人口動態統計(確定数)2013年)。

肺炎球菌ワクチンの接種で予防

肺炎を予防するためにできることの一つに、肺炎球菌ワクチンの接種があります。
肺炎の原因菌で最も多いと見られるのは、肺炎球菌です(成人の肺炎の20~40%は、この菌が原因と言われます)。肺炎球菌ワクチンは、肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぎます(※すべての肺炎を予防できるわけではありません)。

5年以上の間隔を空けて接種

接種は、1年を通して、いつでも可能です。ただし、5年以内に再接種を行うと、注射部位の痛みが強く出るケースがありますので、再接種を希望される方は、5年以上の間隔を空けてください。接種の年月日は、忘れないようにメモに残しておきましょう。
また、接種部位が赤くなったり、腫れたり、熱を持ったり、痛んだりすることがありますが、通常は2~3日で治まります。その他、熱っぽい、だるいなど、体調に変化が生じた場合は、すぐにご相談ください。

インフルエンザワクチンとの併用接種

インフルエンザワクチンの接種を併せて行うことは、肺炎予防の強化につながります。そのため、肺炎の予防には、肺炎球菌ワクチンだけでなく、インフルエンザワクチンの併用接種が推奨されています。

成人用肺炎球菌ワクチンの接種が奨められる人
  • 65歳以上の方
  • 老人施設や長期療養施設などに居住されている方
  • 慢性の持病(COPDなどの呼吸器疾患、糖尿病、慢性心不全、肝炎や肝硬変などの慢性肝疾患)をお持ちの方 など

※平成26年10月から、高齢者を対象とした成人用肺炎球菌ワクチンが「定期接種」(「予防接種法」に基づき、市町村が実施する予防接種)となりました(定期接種の対象となる方は、生年月日により毎年異なります)。対象期間内に、市町村の契約医療機関や保健所で接種を受けると、「公費の助成」が受けられます。
詳細については、お住まいの市区町村にお問い合わせください。

予防接種を受けられない/注意が必要な方

  • 熱(37.5℃以上)のある方
  • 重い急性疾患を起こしている方
  • 心臓病、腎臓病、肝臓病、血液疾患などで治療を受けている方
  • ワクチンに含まれる成分(鶏卵や安定剤など)に対するアレルギーのある方
  • 予防接種後2日以内に発熱や発疹、じんましんなど、アレルギー症状が出たことのある方
  • これまでに痙攣を起こしたことがある方
  • 過去に免疫不全の診断がなされている方、また先天性免疫不全の近親者がいる方 など

※上記内容に当てはまる項目のある方や、何か心配なことのある方は、ご相談ください。
※接種は、事前に「予診票」をよく読んでから受けるようにしましょう。

予防接種後の注意点

予防接種後の30分程度は、接種を受けた医療機関にそのまま留まるか、医師とすぐに連絡が取れるようにしておきます。接種部位に異常反応が現れたり、体調に変化が生じたりしたような場合は、速やかに医師の診察を受けましょう。
また、接種部位は清潔を保ち、接種後24時間は体調が変化する怖れがありますので、過激な運動や大量飲酒は控えるようにしてください。

ワクチン接種の副反応

人によっては、ワクチン接種後に注射部位が赤く腫れたり、硬くなったりすることがあります。発熱や頭痛などが見られることもあります。
ごく稀には、ショック、アナフィラキシー、急性散在性脳脊髄炎(ADEM)、脳炎・脳症、脊髄炎、視神経炎、ギラン・バレー症候群、痙攣、肝機能障害、黄疸、喘息発作、血小板減少性紫斑病、血小板減少、血管炎(アレルギー性紫斑病、アレルギー性肉芽腫性血管炎、白血球破砕性血管炎など)、間質性肺炎、皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、ネフローゼ症候群などが現れることがあります。
このような「稀な副反応」の発生頻度は、数十万~数百万接種に1例程度と言われますが、何らかの副反応が見られたような場合は、念のため速やかに医師の診察を受けましょう。

クリニック概要

西谷耳鼻咽喉科クリニック

所在地
〒240-0052
神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町1229-1
駐車場 (手前の2台)、駐輪場あり (当院と薬局様の前にも停められます)
電話
045-381-3387
Fax
045-381-3386
アクセス
相鉄線「西谷駅」徒歩4分
診療時間
 
9:00~12:30
15:00~18:30

受付開始は10分前から、受付終了は15分前まで
※水・日・祝祭日は休診日

ACCESS
▲PAGETOP